自立する教育の秘訣!子どもが改善する3つのポイント

この記事は2分で読めます

「子どもが勉強をしない」

「子どもが約束を破る」

「子どもが話を聞かない」

そんな悩みをお持ちではありませんか?


子どもの改善には、「愛情」「信頼」「尊重」が必要です。


教育の本質

子どもとの関わりといえば、「教育」という言葉が出てきます。

「教」とは教える、すなわち、
知識や技術を伝達すること(Teach)ですね。

「育」とは育む、すなわち、
自立できるように導くこと(Coach)になります。

自立している状態とは、

「知識や技術に興味・関心・意欲がある」

「知識や技術を活用する知恵がある」

と言えるでしょう。

つまり、「育」が「教」を支えていることになります。


「教」の手法としては、

・指示
・教授
・命令

というものがありました。

しかし、この3つは「育」の手法として使えません。

使えないどころか、反発を招いてしまうため、
むしろ邪魔になってしまいます。

「育」を引き出す方法として有効なものは、

・愛情
・信頼
・尊重

の3つです。

この3つが欠けると、相手を偏った視点でしか見れなくなり、
「教」に傾倒して、悪循環にはまってしまいます。


「教」の土台に「育」が必要。

この点を忘れてはいけないのです。


子どもの自立を改善する方法

子どもが自立していくには、

・愛情
・信頼
・尊重

の3つの信念で接することが必要になります。

しかし、ついやってしまうのは、

・命ずる
・批判する
・罰する

といった行動ではないでしょうか?

これでは、自立を促すどころか、邪魔しています。

この原因は、

「他者は怠け者である」

「他者は無知で無能である」

「自分は人間として上の立場である」

という考え方を、無意識にしているからです。


この考え方を、

「人は成長したい生き物である」

「人はすでに答えを持っている」

「人にはそれぞれのやり方がある」

というものに意識的に改善することで、自立を促すために必要な、

・愛情
・信頼
・尊重

の3つを持つことができるようになります。


まとめ

子どもと接する時に必要なものは、
「愛情」「信頼」「尊重」の3つです。

この3つがあれば、子どもは自立して、行動や態度が改善してきます。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ