決断を鈍らせる網羅思考の罠!改善する鍵は仮説思考と日常の訓練法

この記事は2分で読めます

物事を決断するというのは、とても大変なことです。

「決められない」

「いつも迷う」

「失敗が怖い」

このように考えてしまうこともあるでしょう。


しかし、決断力は訓練によって改善できます。


決断を鈍らせる網羅思考

日本の社会における評価方法は、得点法ではなく減点法が多いです。

つまり、

「できた部分はどこか?」

よりも、

「できていない部分はどこか?」

に、意識が向きやすくなっています。

そのため、完璧さが要求されるようになり、
失敗に対して寛容さを失っているのです。

そして、全ての可能性を検討しようと、時間と労力を費やします。

これが、「網羅思考」と呼ばれる考え方の、落とし穴です。


決断力を改善する仮説思考

「網羅思考」に対して、「仮説思考」という考え方は、
失敗することを前提としています。

正確に言えば、失敗は「ただの通過点」に過ぎない、という考え方です。

仮説思考は、

「仮説」→「検証」→「仮説の改善」→「再度検証」

というサイクルを回すことを重視し、
仮説の精度を高めて、結果を出していきます。

だからこそ、成功する人は、

「素早く失敗しよう!」

という考え方をします。

つまり、

「悩むことに時間をかけるくらいなら、
間違っていたとしても決断して動き出す方が良い。
なぜなら、改善は後からいくらでもできるから」

というわけです。

もちろん、サイクルを回すことが大切なので、いきなり大きな決断はしません。

小さなテストを繰り返して、結果を確認してから、徐々に大きくしていきます。

こうすることで、経験もどんどん積み重なり、
最初に立てる仮説の精度も上がるようになります。

そして、決断力も同じく鍛えられていくのです。


決断する訓練

もし、あなたが、

「仮説と検証をする機会なんて無いよ」

と、考えているとしたら、そんなことはありません。

人は生活の中で、とても多くの決断を無意識におこなっています。

・朝、起きるとき
・朝食を食べる、または食べない
・着替えるとき
・歯磨きするとき

などなど、数えればキリがありません。

「それが習慣だから」

と思うでしょうが、「習慣に従う」と決断しているのです。

つまり、「決断していない」のではなく、
「決断していると認識していない」だけになります。

ですから、決断することを意識するだけでも、十分な訓練です。

これを「仮説思考」になぞらえると、

1.「決断する!」と意識する
2.決断する
3.結果を確認する
4.結果の評価をする
5.次の決断の参考にする

という流れになります。

そして、決断することを意識するようになると、
改善することも自然に考えるようになります。

このように、日常でも決断する訓練はできるのです。


まとめ

失敗を恐れる心が、決断を難しくしています。

ですから、影響が小さい範囲内で、決断する訓練と、
失敗してみる経験を積み重ねることが大切です。

ぜひ試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ