恋愛の愛情表現5種類!ラブランゲージを理解して絆を深めよう

この記事は2分で読めます

「愛情を言葉にしてくれない」

「一緒の時間が少ない」

「もっと触れ合いたい」

大切な人との人間関係で、このような悩みはありませんか?


それは、5種類の愛情表現について理解することで、解決できます。


ファイブ・ラブ・ランゲージ

ゲイリー・チャップマン氏が30年以上かけて、
カップルのカウンセリングをおこなった結果、
愛情表現の仕方を5種類に分類しました。

これを「ファイブ・ラブ・ランゲージ」、
あるいは「ラブランゲージ」と呼びます。

1.言葉で伝える
2.意義のある時間
3.サービス提供
4.物をもらう
5.触れ合い

注意点としては、人はこの中の1つか2つを特に重要視していることです。


何を重要視するか、という価値観が自分と相手の間でズレていると、

「愛していると言ってくれるけど、あまり一緒にいてくれない」
「こんなに尽くしているのに、何も言ってくれない」

などのように、気持ちのスレ違いが生まれてしまうことになります。


では、5種類の「ラブランゲージ」について、詳しく説明していきましょう。


1.言葉で伝える

どれほど行動や態度で愛情を示してくれたとしても、
やはり言葉にしてもらいたいと考えるタイプになります。

このタイプには、褒めるというのも効果的です。

一方で、言葉には敏感であることから、
ネガティブな発言には注意が必要になります。


2.意義のある時間

言葉やプレゼントなどよりも、
一緒の時間や空間を大切にしたいと考えるタイプになります。

このタイプは、しっかり相手にしてもらっていると感じることが重要です。

ただ同じ場所にいるだけで、スマホやテレビなどに夢中になっていては、
大切にされていないと思われ、まったく意味がありません。

テレビやゲームに「一緒に」夢中になるのは良いことですね。


3.サービス提供

このタイプは、尽くしてくれることに愛情を感じます。

何かを手伝ってもらったり、優しくされたり、
看病されたり、助けてもらったり、などの行動です。

反対に、言ったことを実行しない人や、自分勝手な人、
思いやりに欠ける人などは嫌われてしまいます。


4.物をもらう

プレゼントを貰うことに愛情を感じるタイプになります。

物質主義と異なる点は、
高価な物や機能的な物である必要はないという点です。

プレゼントを貰えた時の気持ちやエピソードなどが印象に残り、
相手の愛情を感じ取ります。

高価な物ばかりおねだりされないように、注意しましょう。


5.触れ合い

スキンシップを重視するタイプになります。

手を繋いだり、ハグしたり、キスしたり、
他にも、頭を撫でたり、肩を叩いたりも良いですね。

相手のぬくもりから愛情を感じます。


まとめ

5種類の「ラブランゲージ」について理解することで、
相手はどの愛情表現を望んでいるのかを考えることができます。


しかし注意してほしいことは、

「5種類のどれを実行するか」

という取捨選択ではなく、

「5種類のどれを多くするか」

というバランス調整の問題であることです。


ぜひ、自分や相手が重視する愛情表現について、考えてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ