仕事の人間関係でハラスメント!アドラー心理学で考える対処法とは

この記事は2分で読めます

仕事の人間関係で問題とされる「ハラスメント」ですが、

「何をしたらハラスメントになるのか」

「ハラスメントの種類が多くて分からない」

「ハラスメントの対処法は?」

などを気にしたことはありませんか?


ハラスメントは、相手の価値観を尊重した接し方で、
防ぐことが可能になります。


ハラスメントとは

ハラスメントとは「嫌がらせ」のことですが、
加害者に意図があったかどうかは関係ありません。

被害者側が不愉快に感じたり、
人権を侵害されたと感じたら、
それは「ハラスメント」の可能性があります。


「○○ハラスメント」という類いの言葉は、
現在では30種類以上もあるようです。

いずれもハラスメントの事例を言葉にしたものであるので、
今後はもっと増えることは十分に考えられます。

これは、価値観が多様化してきた時代背景にも関わらず、
人間関係において同じ価値観だと思い込んでいることによって、
ズレが生じたままコミュニケーションを取っているからです。

特に、会社内や仕事においては、「慣習」が強い影響力を持ちます。

それによって、新しい価値観を持った相手には、
受け入れがたく思われてしまいます。


「自分と相手は違う価値観を持っているかもしれない」

そう意識しておくだけでも、人間関係は大きく改善され、
ハラスメントの危険性もグッと下がるのです。


相手の価値観を尊重する「課題の分離」

相手の価値観を尊重するために、必要なことがあります。

それは、「嫌われる勇気」で有名なアドラー心理学の、
「課題の分離」という言葉です。


これは、様々な物事を、
「自分の課題」と「相手の課題」に分離し、
「相手の課題」には足を踏み入れない、という考え方になります。

日本において美徳とされる、

・助け合い
・支え合い

とは、まるで真逆のように思えますが、
これこそが「課題の分離」の大切なところです。

「相手のため」

と言って、必要以上に介入することは、

「相手を、自分の承認欲求を満たすための道具にしている」

という状態になります。

仕事においては、

・個人の成長のため
・チームの成果のため

という大義名分によって、特定の人物が思い描く理想像を、
一方的に押し付けてしまいがちです。


「課題の分離」によって、
自分と相手の価値観が異なることを受け入れ、
ハラスメントのような安易な行動は減っていくでしょう。


仕事のハラスメント対処法

仕事上でハラスメントを受けた場合、対応は2つに分かれます。


明らかな嫌がらせではない場合、
相手は疑問にすら感じていないでしょう。

これは、はっきりと意思表示をする必要があります。

もちろん、ストレートに伝えれば、
険悪な雰囲気になってしまいますから、

「笑顔でキック」

を使ってみましょう。

本当にキックするわけではありませんよ!

満面の笑みを浮かべて、

「やめてくださいよ~!」

と明るく大きな声で伝えるのです。

気持ちが伝わっていないようだと感じたら、
明るい雰囲気のまま、さらにもう一押ししておきましょう。

ポジティブさとネガティブさのバランスを、
言語と非言語の組合せで調整できるようになると、
雰囲気を悪化させずに伝えられるようになります。


明らかな嫌がらせの場合は、
自分だけで戦おうとするのは危険です。

相談できる人を探しましょう。


まとめ

「自分と相手の価値観は異なる」

という考え方は、これからますます重要になってきます。

普段から、相手の価値観を尊重した接し方をしていれば、
ハラスメントは防ぐことが可能になるでしょう。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ