強固な人間関係を築く原則!コミュニケーション能力の4段階と3要素

この記事は2分で読めます

「人間関係を良くしたい」

「コミュニケーション能力を高めたい」

「自分のコミュニケーション能力がどれくらいあるか知りたい」

そのような悩みを解決できる記事です。


この記事では、

前半:コミュニケーション能力の3要素
後半:コミュニケーション能力の4段階

について説明しています。


記事を読み終えることで、
コミュニケーション能力を向上させる方向性が
分かるようになるでしょう。


コミュニケーションの大前提

コミュニケーション能力は、なぜ大切なのでしょうか?

それは意思疎通がカンタンではないからです。

どれほど親しい間柄でも、100%分かり合うことはありません。

会ったばかりの人間同士であれば、なおさらです。

だからこそ、互いに理解しあうためのコミュニケーション能力が必要になります。


コミュニケーション能力の3要素

コミュニケーション能力を構成する3つの要素、

「聞く」
「伝える」
「調整する」

について説明します。


聞く

相手からの情報を受け取る能力です。

・意図を正しく把握する
・話しやすい雰囲気作り
・質問によって会話を引き出す

など、多くの手法があります。


伝える

相手に情報を渡す能力です。

・言葉の選び方
・順番やタイミング
・図表やジェスチャー

など、表現方法は様々なものがあります。


調整する

同じ言葉でも、文脈や解釈によって、意味が異なる場合があります。

また、交渉などにおいて、互いの主張がぶつかることもあるでしょう。

・別の表現で確認する
・別の案で再度交渉する

など、調整する能力はとても重要です。


コミュニケーション能力の4段階

コミュニケーション能力における4つの段階、

1.安心安全を与える
2.尊重する
3.理解して理解される
4.力を合わせる

について説明します。


1.安心安全を与える

コミュニケーションで最初にやるべきなのは、

「私はあなたの敵ではありません」

という意図を伝えることです。


具体的には、

・挨拶する
・声かけをする
・感謝を伝える

などによって、敵意がないことを伝えます。


2.尊重する

次に、相手を尊重したコミュニケーションを考えます。

・立場
・思想
・事情

などに配慮することで、一方的な態度を避けることです。


3.理解して理解される

さらに、相手を理解することを考えます。

こちらから相手を理解することで、
相手もこちらを理解しようとしてくれるのです。

いくら気を遣ったとしても、相手に確認してみなければ分かりません。

思い込みで間違った配慮は、相手にとって迷惑になるでしょう。

きちんと相手に確認することで、すれ違いを減らすことができます。


4.力を合わせる

最後に、互いの力を合わせることを考えます。

・強みを伸ばす
・弱みを抑える
・不可能を可能にする

など、創造的・発展的なコミュニケーションが取れるようになるでしょう。


まとめ

コミュニケーションの大前提として、相手と100%分かり合うことはできません。

だからこそ、コミュニケーション能力は必要になります。

まず、コミュニケーション能力には3つの要素があり、

・聞く
・伝える
・調整する

さらに、コミュニケーション能力には4つの段階があります。

1.安心安全を与える
2.尊重する
3.理解して理解される
4.力を合わせる


4つの段階に合わせたコミュニケーションの3要素を考えると、
能力向上の方向性が分かるようになるでしょう。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ