外見でコミュニケーション!清潔感ある身だしなみで好印象を与えよう

この記事は2分で読めます

「第一印象で失敗している気がする」

「なんとなく雑に扱われる」

「清潔と清潔感の違いが分からない」

こんな悩みを感じてはいませんか?


そういう場合は、身だしなみについて、見直してみる必要があります。


身だしなみが印象を左右する

外見は、会話をする前からチェックされています。

手入れや確認が不足していると、
だらしなさや雑な性格という印象を与えてしまうのです。

相手に不快感を与えないように、身だしなみを整えましょう。

「洗濯している」
「お風呂に入っている」

というだけでは、清潔ではありますが、目に見えにくいものです。

「他人からどう見られているか」

を意識して、きちんとお手入れすることが清潔感になります。


自分でチェックする人は、同様に他人のチェックもしています。

具体的にいうと、身だしなみには、
大きく3つのチェックポイントがあります。


1.頭部と手

頭部と手は、とても目につく箇所です。

それだけに、身だしなみに気を付けたい箇所でもあります。


髪だけ見ても、寝癖・フケは無いか、
色・長さ・髪型はTPOに合っているか、などがあります。

他にも、眉毛や鼻毛、男性であればヒゲにも注意を払いましょう。

女性であれば、メイクに関することもあります。


手は、特に爪の長さに注意が必要です。

女性であれば、ネイルが派手すぎないかも気を付けましょう。


2.服装と靴

外見の全体像は、主に服装で決まってきます。

まずは基本として、汚れ・破れ・ほつれ・シミ・シワが無いか、
しっかりチェックしましょう。

トップスとボトムス、インナーとアウターなど、
TPOに合わせた組み合わせを考えるコーディネートも重要です。

サイズやボリュームなど、全体のシルエットを確認したら、
ポケットの膨らみや服の境界線など、細かな部分もチェックしましょう。


靴も要注意です。

「足元を見る」という言葉があるように、
油断しやすい箇所であるため、性格が出やすいとされています。

汚れや痛みがないか、しっかりチェックしましょう。


3.小物やアクセサリー

最後に、小物やアクセサリーなどのチェックになります。

ベルトやネクタイ、ネックレスやイヤリング、
腕時計や香水、バッグなども含みます。

特に匂いは自分では気付きにくいものです。

口臭や体臭だけでなく、香水のつけすぎにも注意しましょう。


まとめ

人は会話をする前から、無意識に外見で「品定め」しています。

ほんの僅かな努力をするかしないかで、
相手に与える印象が大きく変わってしまうのです。

ぜひ、外出前には鏡を見る習慣をつけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ