快適コミュニケーションの極意!人間関係を整えるスルースキル3原則

この記事は2分で読めます

「コミュニケーションに疲れてしまう」

「スルーすることに罪悪感を覚えてしまう」

「スルーしたいのにグイグイくる人がいる」

などで、お悩みではありませんか?


上手なスルースキルを身につけることは、
自分のためにも、相手のためにも良いことですよ。


スルーも立派なコミュニケーションスキル

自分にとって、スルーした方が良い理由は、

・ストレスが減る
・時間を浪費しない
・会話で労力を浪費しない

などがあります。

同じように、相手にとっても、
スルーされることでメリットが生まれることもあるのです。

例えば、

・期待させてから失望させることがなくなる
・余計な反応をして、すれ違うことがなくなる
・冷静さを取り戻してもらう余裕が生まれる

などがあります。


コミュニケーションでは、

・しっかり反応してあげる部分
・あまり反応しなくても良い部分

があるので、しっかり見極められるようになりましょう。


スルースキルの3原則

スルースキルを身につけるには、3つの原則を理解することです。

それは、

1.情報と感情を区別する
2.不要な情報は切り捨てる
3.感情の扱いがとても重要

になります。


1.情報と感情を区別する

相手の発言、あるいは行動について、

・客観的な事実などの「情報」
・主観的な予想や思い込みなどの「感情」

の2種類を区別することが大切です。

「情報」と「感情」を混同してしまうと、
ありもしないネガティブな想像をしてしまったり、
誤解が生じてギクシャクすることになります。

まずは、「情報」と「感情」を切り分けることを、
意識してみてください。


2.不要な情報は切り捨てる

客観的な事実としての「情報」の中にも、

・伝えたいメッセージのための「必要な情報」
・描写や説明のための「補足的な情報」

の2種類があります。

「必要な情報」に注目してもらいたいのに、
「補足的な情報」に注目してしまうと、話が進みません。

会話の方向性を確認しながら、「補足的な情報」は捨てるようにしましょう。


3.感情の扱いがとても重要

「感情」には、大きく3種類あります。

それは、

・自分の感情
・相手の感情
・周囲の感情

です。


会話の中で生じた自分の感情は、
それがどんなものであっても、まずは素直に「受容」しましょう。

苛立ちや悲しみであっても否定せずに、

「ああ、私は○○に対して、こんな風に感じたんだなぁ」

と、認めてしまうことです。

その後で、自分の感情は「置いて」おいて、
どのように行動するのかを、改めて考えます。

重要なポイントは、

「自分の感情と行動は切り離せること」

を知っておくことです。


会話の中で出てきた相手の感情には、
なるべく寄り添ってあげるようにしましょう。

ただし、共感まではしなくても構いません。

「あなたはそう感じたんだね」

「そういう時ってあるよね」

などの言葉を使うようにして、
相手が感じた感情を否定することがないようにしてください。


会話によって周囲の人に生じた感情は、

「あえて言葉にしてみる」

と良いでしょう。

もちろん、TPOをわきまえる必要はありますが、
言葉の選び方によって、場の感情をコントロールできたりします。

場を和ませたり、引き締めたりする表現を使ってみましょう。


まとめ

上手なスルースキルを身につけることで、
コミュニケーションが快適になる場合もあります。

すべての言葉や行動に反応してしまう必要はありません。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ