SNSの人間関係は現実的!情報発信できるコミュニケーションツール

この記事は2分で読めます

SNSについて、

「なんとなく使っている」

「よく分からない」

「もっと活用したい」

このように考えてはいませんか?


SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、
情報発信ができるコミュニケーションツールです。


SNSの特徴

SNSは、Web上で構築される社会ネットワークになります。

そのため、電話やメールやメッセンジャーとは異なり、
社会ネットワークに参加しているユーザーに向けて情報発信が可能です。

つまり、

「自分の発言や行動を、通りすがりの誰かが見ている」

という状態に近いものがあります。


参加ユーザーの目的としては、

「情報発信」

「情報収集」

「交流」

の3つがあります。

情報を発信することで、
自分のイメージが構築されることから、
ブランディングツールとして活用する人も多いです。

SNSは情報の拡散力が強いため、
多種多様な情報をリアルタイムで収集することに向いています。

また、メッセージやコメントなどの機能を利用することで、
共感や信頼を増やしながら、ユーザー同士の交流を促し、
「緩い」人間関係を広げやすいことが、最大の特徴です。


SNSの特徴的な3つの機能

SNSには、多くの機能が備わっていますが、
大きく3つの特徴に分けられます。


特徴1、プロフィール機能

まず、自己紹介ができるプロフィール機能があります。

・どのような立場の人間か
・どのような活動をしているのか
・どのような理想や信念を持っているのか

などについて、Web上にページを作成しておきます。

それによって、

・共感できる要素はあるのか
・信頼できる経歴や実績はあるのか

などを、ユーザーはいつでも確認することができるのです。


特徴2、情報発信機能

自分から社会ネットワークに向けて情報発信するために、

・タイムライン機能
・ウォール機能
・ブログ機能

といった機能があります。

発信する内容は、

・日々の出来事
・感じたこと、考えたこと
・気付き、学び

などです。

ユーザーはそれらの情報を検索したり、閲覧して収集することができます。


特徴3、コミュニケーション機能

SNSの主目的である「交流」を促すための機能は、

・ユーザー検索機能
・ユーザー相互リンク機能
・メッセージ送受信機能

などです。

また、サービスによっては、

・他者の情報の再発信機能
・アンケート機能
・コミュニティ機能

といったものもあります。


SNSにおける3つの注意点

SNSを利用する上で、重要な注意点が3つあります。


注意点1、個人情報の扱い方

直接的な個人情報だけでなく、間接的・断片的な情報にも注意が必要です。

・過去の投稿内容
・写真に写っている人物、場所、物、反射して写り込んでいるもの
・他のツールやサイトなどでの発言

などから情報を集め、分析や推測により、暴かれるリスクがあります。

また、個人だけでなく、所属している組織やグループに対して、
迷惑をかけることにもなりかねません。

最悪の場合、犯罪に巻き込まれる恐れがあります。


注意点2、理想と現実のギャップ

SNSのユーザーは、投稿記事の内容として、
楽しいことや素晴らしい思い出などを選びがちです。

それを見た別のユーザーは、
理想的な生活を送っていると思い、
そうではない自分の現実に失望してしまうケースがあります。

また、SNS内の自分を演出するために、
現実の生活を犠牲にしているケースもあります。

このように、SNS内の情報だけが現実であると思い込むことは危険です。


注意点3、情報の信憑性

SNSは情報の拡散力が強い反面、
その信憑性が十分に精査されていない可能性があります。

とはいえ、全ての情報が偽りであるわけではありません。

情報源を確認することを前提にできれば、
SNSは、ニュース速報を入手するツールとして充分な効果が期待できます。


まとめ

SNSは、コミュニケーションのツールでありながら、
各個人だけを相手にするのではなく、社会的ネットワークを構築できます。

特徴と注意点をよく理解して、ぜひ活用してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ