相手に気を使う目的とは?人間関係に疲れた時に読みたい言葉5つ

この記事は2分で読めます

「嫌な人の相手をした」

「おせっかいな人の相手をした」

「自分を偽って相手に合わせた」

このような時、人間関係に疲れたと感じてしまうことでしょう。


それは、あなたが相手に気を使っていることの目的が、
間違っている可能性があります。


人間関係に疲れたと感じる理由

理想の人間関係は、互いにエネルギーを分け合えるような関係です。

価値観が同じ相手と会話をしていると、

「そうそう!」

「分かる!」

という言葉が出てきて、共感による楽しさや喜びが感じられます。

また、価値観が異なる相手と会話をすると、

「そんな考え方があったんだ!」

と、発見による楽しさや喜びが感じられることもあるのです。



しかし、価値観が異なる相手と会話をした時、
互いの価値観を押し付けあってしまうことがあります。


このような時には、
「互いの価値観を認めあう」という目的のために、
「相手に気を使う」という方法をとるのです。

そうすることで、最終的には、発見による楽しさや喜びが得られます。

しかしこの時、
「事を荒立てない」という目的のために、
「相手に気を使う」という方法をとってしまうと、
「互いの価値観を認めあう」ことができません。

つまり、発見による楽しさや喜びが得られず、「疲れ」てしまうのです。


そんな状態になってしまった時、
ぜひ知ってほしい言葉を集めました。


アインシュタインの言葉

自分自身のことについて誠実でない人間は、
他人から重んじられる資格はない。

(理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955)

福沢諭吉の言葉

独立の気力なき者は必ず人に依頼す、
人に依頼する者は必ず人を恐る、
人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり。

(江戸時代末期から明治初期の中津藩士、啓蒙思想家、教育者 / 1835~1901)

バグワン・シュリ・ラジニーシの言葉

もし幸せになるために誰かを頼っていたら、
あなたは奴隷になり、隷属し、とらわれの身となる。
そして、あなたは多くの人々に頼っている。
彼らは皆あなたの影の主人となり、
その見返りに、あなたを搾取しているのだ。

(インドの宗教家、神秘思想家 / 1931~1990)

グロリア・スタイネムの言葉

人に認められようと期待しなければ、
自然と尊敬され、認められるようになるものよ。

(米国の女性解放運動家、ジャーナリスト / 1934~)

岡本太郎の言葉

友達に好かれようなどと思わず、
友達から孤立してもいいと腹をきめて、
自分を貫いていけば、
本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

(日本の芸術家 / 1911~1996)

まとめ

充実感を伴う疲労であれば問題はありません。

しかし、人間関係の悩みによって疲れたと感じる場合には、
自分の目的や優先順位について、じっくり考えてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ