自分の本当の想いとは?人間関係が苦しい時に読みたい言葉5つ

この記事は2分で読めます

「もう頑張れない」

「もう限界を迎えている」

「もうどうしていいか分からない」

このように、人間関係で苦しい思いをしていませんか?


それは、人としての理性を優先する余り、
自分の感情を抑え過ぎている可能性があります。


人間関係で苦しいと感じる理由

人は「常識」や「倫理」を意識して生活しています。

それは動物と違って、人として生きるために必要なことです。

しかし、人は理性だけでなく、感情も持ち合わせています。

ロボットのように、理性や合理性だけで動いているわけではありません。

このように、理性と感情の間に大きなズレが生じたとき、
人は苦しいと感じてしまうのです。


理性では「こうあるべき」と分かっている。

しかし、感情では「こうしたい」と思っている。

良い人間としては、理性に従うべき・・・
しかし、感情を抑えることができない。

このように、自分の感情を抑えて、理性に従い続けていると、
苦しみがますます大きくなってしまいます。


そんな状態になってしまった時、
ぜひ知ってほしい言葉を集めました。


相田みつをの言葉

あのときの あの苦しみも
あのときの あの悲しみも
みんな肥料になったんだなあ
じぶんが自分になるための

漫画エッセイ「ブッタとシッタカブッタ3」の言葉

誰かからもらった価値観で生きているから
退屈を感じる
誰かからの評価にとらわれているから
苦しみを感じる

ヘレン・ケラーの言葉

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません
試練や苦しみを経験することでのみ
魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ
野心が鼓舞され、成功が手に入るのです

岡部明美の言葉

悩みや苦しみは、
自分が本当にやりたいこと
もっと自分らしく生きることに気づかせてくれる
贈り物なのです

イチローの言葉

苦しみを背負いながら
毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した

苦しいけれど、
同時にドキドキワクワクしながら挑戦することが
勝負の世界の醍醐味だ

まとめ

自分が理性によって抑えこんでしまった感情は何か。

本当に自分がやりたいことへの想いはどういうものか。

人間関係で苦しいと感じている時こそ、
見つめ直してみる機会になります。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ