イメージマイニングの基本!五感を刺激する描写で心理を揺り動かす

この記事は2分で読めます

「感動が伝わらない」

「興奮を分かってもらえない」

人間関係において、こういう時があることでしょう。


それは、「イメージマイニング」というスキルを使うことで、
解消できる可能性があります。


イメージマイニングとは五感を刺激すること

「イメージマイニング」とは、日本語で「五感臨場」のことです。

簡単に言うと、相手の五感を刺激するような話し方になります。


例えば、うどんを食べた感想を伝えたい時、

「すごく美味しかった!」

と伝えるよりも、

「麺はモチモチして、弾力もしっかりしていた」

「スープはあっさりしているけど、後味に旨味が残る」

「具の野菜はシャキシャキしていて、肉は柔らかく食べやすい」

などの伝え方のほうが、美味しそうだと思ってもらえるでしょう。


通常、伝えた情報は、相手の意識に届くと、理性で処理されます。

しかし、五感を刺激する話し方は、相手の理性をすり抜けて、
無意識に訴えかけ、感情で処理されます。

そのため、感動や興奮を伝えたい場合、五感を刺激する話し方である、
「イメージマイニング」を使った方が効果があるのです。


イメージマイニングの基本

「イメージマイニング」を使うにあたって、守るべきルールが2つあります。


1つ目は、自分がはっきりイメージできることです。

自分がイメージできていないことを、
相手に伝えてイメージさせることはできません。

また、曖昧に伝えてしまった結果、
間違ったイメージを持たせてしまう可能性もあります。

まずは、自分の中で明確にイメージすることが重要です。


2つ目は、相手が経験したことがあるイメージを利用することです。

例えば、味を伝えたい時に、
相手が食べたことの無い例を出しても理解してもらえません。

景色を伝えるのに、
相手が見たことの無い建造物などを語ってもイメージできません。

相手が知っていそうなイメージを利用することが重要です。


当然のことですが、体験させられるのであれば、
体験してもらうほうが一番効果があります。

・見てもらう
・触ってもらう
・味わってもらう

直接の体験に勝る伝え方はありません。


イメージマイニングの応用

「イメージマイニング」は、五感を刺激するような状況を描写することで、
相手の感情を動かすスキルになります。

これは、五感に限らず、感情を刺激することも同じです。

相手の感情を刺激するような状況を描写することで、
相手の感情を揺り動かすことができるのです。


例えば、相手を楽しませたい時には、
楽しい気分になった過去の状況を、想起させるような話をしましょう。

相手に真剣に話を聞いてもらいたい時には、
真剣な気持ちになった過去の状況を、想起させるように話します。

場の空気を再現するようなイメージで、状況を描写すると良いです。


まとめ

「イメージマイニング」とは、自分の中のイメージを明確にして、
そのときに自分が感じたものを描写するスキルになります。

感情を想起させる伝え方ができると、相手の反応は確実に変わります。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ