人間関係を改善する秘訣!最初にやるべき目標設定の4ステップ

この記事は2分で読めます

「人間関係で悩んでいる」

「人間関係が辛い」

「人間関係を改善したい」

このような悩みを、きっとお持ちでしょう。


人間関係の改善には、目標設定が必要です。


目標設定が必要な理由

例えば、目的地を決めないまま歩き続けたら、
どこに辿り着くでしょうか?

見知らぬ土地や、怪しい路地に入り込んでしまい、

「こんな場所に来たくなかった」

と呟くことになるでしょう。

しかし、目的地を決めており、
その場所へ辿り着くために必要なルートであれば、
見知らぬ土地や、怪しい路地も、勇気を持って踏み込めます。

目的地、つまり「目標」を明確にしておくことは、
とても大切なことなのです。


人間関係を改善したいと考えているのは、

・理想とする状態を思い描いている
・理想と現状にギャップがある

という2点を、無意識の中で認識しているからです。

あるいは、既に意識していることなのでしょう。

もし、モヤモヤしているとしたら、

「理想の状態とは?」

という問題に対する答えを、
あなたの無意識はずっと探し続けています。


この理想を「目標」として、具体的に書き出してみると、
あなたの無意識は次のステップに進みます。

つまり、

「どうして理想の状態になっていないのか?」
「理想の状態へと改善するためには何が必要か?」

という問題に対する答えを探し始めるのです。

このために、理想の状態を明確な言葉にする必要があります。


以上を踏まえて、人間関係の改善に必要な、
目標設定の4ステップを紹介します。


1.現在の状況を確認する

人間関係の問題は、多くの要素が絡み合って複雑です。

そのため、目標を考える前に、
現在の状況を一つ一つ明確にしていくしかありません。

自分を取り巻く人間関係について、

・どんな人物がいるのか
・その人物の価値観はどのようなものか
・何を知っていて、何を知らないのか
・どのように考え、行動しているのか

など、可能な限り、書き出してみましょう。

書き出してみることで、
あとで客観的に判断できるようになります。


2.自分の価値観を明確にする

現在の状況を書き出した後は、
望ましい点とそうでない点に分類していきます。

このときに意識してほしい点は、

・自分の価値観によるものなのか
・世間の常識として判断したのか

を考えてみるということです。

人によっては、

自分の価値観 < 世間の常識

と考えていたり、「世間の常識」と考えていたことが、
実は狭い範囲での考え方だったという場合もあります。

「世間の常識」を踏まえつつも、
「自分の価値観」としっかり向き合うことが、
目標とする改善された状態を考える上でとても大切です。


3.改善された状態を明確にする

現在の状況から、自分の価値観に沿った、
「改善された状態」を明確にしていきます。

このとき、

・現実的な目標
・理想的な目標

の2つとも、書き出しておきましょう。

「現実的な目標」だけでは、達成はしやすいが、
不満が解消しきれていない可能性が残ります。

一方、「理想的な目標」だけでは、
達成するまでに時間がかかり、苦しく感じたり、
ネガティブな思考に囚われてしまいがちです。

どちらの目標も設定しておくことで、
無力感や挫折のリスクを減らしていきます。


4.改善方法を考える

目標が決まれば、現在の状況において、
何から着手するべきかを考えられるようになります。

・具体的な課題
・課題を解決する方法
・解決方法の実現性

などを吟味して、少しずつ取り組んでいきましょう。


まとめ

目標を設定せずに、改善しようとしても、
状況が悪化し、望まぬ人間関係になってしまう可能性があります。

理想の状態をしっかり考えてから、改善方法に取り組みましょう。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ