恋愛で温度差を感じた時の対処法!相手の価値観とタイミングを考える

この記事は2分で読めます

恋愛をしていると、

「構ってもらえない」

「扱いが軽い」

あるいは反対に、

「相手の気持ちが重い」

「気を使うのが疲れる」

など、自分と相手の気持ちに温度差を感じることはありませんか?


恋愛で温度差を感じた時は、まず相手に合わせてから、
少しずつ自分のペースに持っていくと良いでしょう。


恋愛で温度差を感じたら

自分と相手の気持ちに、すれ違いがあると感じたら、
その違いを慌てて直そうとしてはいけません。

慌ててしまうと、感情的になってしまいます。

感情的になると、自分を正当化して、
相手を責めるようになってしまうのです。

すると、責められたと感じた相手は、

「他者にコントロールされたくない」

という心理的リアクタンスが働き、
こちらに反発して、自分の考えを強化してしまいます。


そうならないために、
まずは相手のペースに合わせ、
心理的リアクタンスをすり抜けることが最優先です。

そして、相手が心を開いてきたタイミングで、
少しずつ自分のペースに戻していきます。

すると、少しのズレであれば、
相手の方が合わせてくれるようになるので、
相手の反応を見ながら、徐々に自分のペースに持っていくのです。


恋愛で温度差を見分けるポイント

恋愛をしていて、温度差を感じるポイントは何があるでしょうか?

・連絡の頻度
・会う頻度や時間
・言葉や会話
・プレゼントやサービス
・触れ合いの頻度

などが挙げられます。

ただし、これらは、
その人の愛情表現の価値観によっても変わってくる部分です。

自分と相手のそれぞれにおいて、
愛情表現の方法で重視するものが異なる場合、
温度差があるように思えてしまい、関係をこじらせる可能性があります。

どれか一つだけで結論付けるのではなく、
総合的に判断するようにしましょう。


恋愛の温度差に対処する方法

恋愛中は、お互いの価値観を認め合う時期と言えます。

自分にとって譲れないものと、そうでもない部分を明確にしましょう。

譲れない部分は、相手にしっかり伝える必要があります。

そして、譲ってもよい部分は、
なるべく相手に合わせてあげるように心がけてください。


また、価値観だけでなく、タイミングの問題である場合もあります。

・体調の問題
・仕事の事情
・人間関係における緊急性

など、自分の気持ちだけで行動を決められないタイミングでは、
相手も止むを得ず決断しなくてはなりません。

このような場合は、
相手が大変そうであれば、支えてあげることも考えたり、
力になれることが無いのであれば、待ってあげる配慮が必要です。

自分の時間を充実させることを考えておくことは、
いざという時に、相手を支える力を蓄えておくことでもあります。


まとめ

恋愛の温度差は、相手の価値観やペースに合わせてから、
少しずつ自分のペースに持っていくようにしましょう。

また、恋愛の温度差は、表現方法のスレ違いの可能性もあります。

慎重に見極めて、相手を理解し、タイミングに配慮して、
お互いの考えを話し合っていくことが必要です。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ