思考を改善する5ステップ!マインドブロックのブレイクスルー方法

この記事は2分で読めます

「いつもネガティブなことばかり考えてしまう」

「自分を変えたい」

「前に進みたい」

このように、思考を改善したいという悩みをお持ちではありませんか?


それは、思い込みによる「マインドブロック」が原因である可能性があります。


思考を制限するマインドブロック

人は、これまでの経験や知識から、独自の価値観や思考を持っています。

これを、「パラダイム」や「ビリーフ」と呼び、それによって、
思考が制限されることを、「マインドブロック」と呼びます。

思考が制限されてしまうため、行動もできなくなるのです。


初対面の人に話しかけようと思った時に、

「会話に詰まったらどうしよう」
「嫌われたらどうしよう」

と根拠もなく、すぐに諦めてしまった経験はありませんか?

これこそが、「マインドブロック」なのです。


「マインドブロック」は、失敗やリスクを避けるための機能ですが、
得られるはずの物事まで放棄してしまい、人生の可能性を制限してしまいます。

そのため、自分の「パラダイム」や「ビリーフ」が、
本当に正しいのかを見直し、「マインドブロック」を、
適切に解除してあげる「ブレイクスルー」が必要なのです。

「ブレイクスルー」では、以下の5ステップをおこないます。

1.「マインドブロック」を認識する
2.ネガティブな感情の原因を探る
3.「パラダイム」や「ビリーフ」の信憑性を疑う
4.新しい可能性を想像してみる
5.小さく挑戦してみる


1.「マインドブロック」を認識する

「マインドブロック」を「ブレイクスルー」するには、

「これはマインドブロックだな」

と認識しなければなりません。


「無理だ」「できない」と思ったとき、

「本当にそうだろうか?」

と、少し立ち止まって考えてみる必要があります。

その時に、ネガティブな感情が生まれていることでしょう。


その感情は否定せずに、

「私はこのような状況のときに、このように感じるんだな」

と受け入れるようにしてください。


2.ネガティブな感情の原因を探る

ネガティブな感情を受け入れたら、そのように感じる原因を探ってみましょう。

過去の経験や、誰かに聞いた話などから、

「こういう結果になるはず」

と予測して、それに対してネガティブに感じていることになります。


例えば、初対面の人に話しかけようとした時、

「いきなり話しかけたら迷惑かな」

と考えてしまい、怖くなって話しかけることを止めてしまう場合には、

『相手が「迷惑だ」と判断する』

という予測をしています。


この時に予測した結果は、
あなたの「パラダイム」や「ビリーフ」によるものです。

あなたが持っている「パラダイム」や「ビリーフ」について、
どのような内容であるのかを、じっくり考えてみましょう。


3.「パラダイム」や「ビリーフ」の信憑性を疑う

あなたの「パラダイム」や「ビリーフ」を明確にしたら、
それが本当に正しいものなのか、信憑性を疑います。


過去の経験であれば、

・その時だけの特殊な事例ではなかったか?
・それは今の状況でも当てはまるのか?

について、考えてみると良いでしょう。


誰かに聞いた話などであれば、

・その根拠は何か?
・その人自身も思い込みで話していないか?

について、考えてみることです。


4.新しい可能性を想像してみる

あなたの「パラダイム」や「ビリーフ」は、完全なものでしょうか?

別の可能性について考えたり調べたりしてみると、
新しい解釈が生まれることでしょう。

その可能性について、具体的に想像してみることです。


例えば、初対面の人に話しかけようとした時、
相手は不安が一杯で、誰かに話しかけてもらいたいかもしれません。

そうであれば、あなたが話しかけることで、喜んでもらえることでしょう。


5.小さく挑戦してみる

新しい可能性について想像ができたら、実際に行動してみることです。

いきなり大きな挑戦をするのではなく、小さな挑戦で構いません。

例えば、初対面の人に軽く挨拶だけしてみることで十分です。

それによって、最初の予測とは異なる結果が得られれば、
あなたの挑戦は成功したことになります。

つまり、「ブレイクスルー」は成功しているのです。


まとめ

「パラダイム」や「ビリーフ」といった思い込みが、
「マインドブロック」を作り出しています。

それを「ブレイクスルー」することで、人生の幅は広がっていくのです。

ぜひ試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ