性格を改善して人間関係を変える!セカンドネイチャーの3ステップ

この記事は2分で読めます

「ネガティブな性格を変えたい」

「すぐに感情的になる性格を直したい」

「性格を変えろと言われても、そんなこと可能なの?」

そんなお悩みをお持ちではないでしょうか。


正しい手順を踏めば、性格を変えることは可能です。


性格は改善できる

脳科学の世界では、性格を変えることは、
可能であると証明されています。

「第2の性格(セカンドネイチャー)」

と呼ばれているものです。


性格というものは、
ある出来事が起きた時に、

・何を感じたか
・どのように考えたか
・その結果、どう行動するのか

という一連の流れが、
パターンとして積み上げられたものです。

性格が異なると、同じ出来事でも、

・感じるものが異なる
・考えることが異なる
・行動することが異なる

という結果になります。

ただ、感じるもの、つまり感情を変えることは、
さすがに難しいので、無理に変えてはいけません。

心に湧き上がった感情はそのまま受け止めてあげましょう。

その後、

・考えること
・行動すること

を、意識的に変えてあげれば良いのです。


そして、それを繰り返していると、
なんと脳の方が、思考や行動に合わせて、
変化していってくれます。

そうなれば自然と、望んだ通りの
思考や行動が取れるようになるでしょう。

これが、脳科学における性格を変える方法です。

具体的な方法を、3つのステップでご紹介します。


ステップ1.感情を受容する

ある出来事に対して、
反応的に感情が湧き上がるのは自然なことです。

例えるなら、

「荒れ狂ったサルが、車に乗って強制的に迫ってくる」

というイメージになります。

感情を抑えようとすることは、
「サルの車」を無理やり止めようとすることと同じで、
とても難しく危険な試みです。

それよりも、しっかり認識して、スルーしてしまいましょう。

「私は今、緊張しているな」

「あの人と会話するのは怖いな」

といったように、
どのような気持ちなのかを意識的に言葉にして、
そう感じた自分を受け入れるのです。

「なんだか心がザワザワするな。どうしてかな?」

と考えてみると、感情を認識しやすくなります。

自分の感情を受け入れると、冷静さを取り戻せるでしょう。


ステップ2.主体的に反応を変える

冷静さを取り戻せたら、感情は置いておいて、
どのように行動するかを考えます。

自分にとっての優先事項は何か。

相手や周囲の人に、どのような影響を与えるか。

あらかじめ考えておくようにすると、
迷いも少なくなっていくことでしょう。


ステップ3.習慣にする

最初のうちは、強く意識していないと、
思考が感情に飲み込まれ、反射的に行動してしまいます。

仮に失敗してしまっても、
うっかり忘れてしまっても、
自分を責める必要はありません。

何ができていなかったのかを振り返り、
次の取り組み方を考え直せば良いだけです。

一気に変わろうとするのではなく、
じっくり根気良く変わっていこうとするのがコツになります。


まとめ

正しい手順を踏めば、性格を変えることは可能です。

1.自分の感情を受容して、冷静さを取り戻す。
2.その感情は置いておいて、どう行動するか考える。
3.根気良く続ける。

この3ステップで、理想の自分へと近づくことができます。

ぜひ、試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ