メッセンジャーの多彩な機能!今では主流のコミュニケーションツール

この記事は2分で読めます

「メッセンジャーより電話やメール派」

「メッセンジャーの機能がよく分からない」

「メッセンジャーをもっと活用したい」

このように考えてはいませんか?


メッセンジャーは、電話やメールより手軽で、
絵文字やスタンプを使った表現ができるコミュニケーションツールです。


手軽に使えるメッセージ機能

電話のメリットは、リアルタイムな応答性にあります。

メールのメリットは、記録に残ることです。

そしてメッセンジャーのメリットは、その両方を備えている点にあります。


メッセージ機能は、会話をするような短い文でのやり取りです。

そのため、大量の情報を詰め込んで、
冗長な文章を書く必要もなく、気軽に送ることができます。

そして、記録も残るため、コミュニケーション上のトラブルも起きにくいのです。


皆で使えるチャット機能

双方で、あるいはそれ以上の参加者で、
リアルタイムにメッセージを送りあうことができます。

これがチャット機能です。

参加者のメッセージが順番に記録されるため、
リアルタイムで議事録が作成されていることになります。

また、入力速度の影響があるため、電話に比べるとスピードは落ちます。

しかし、声を出せない場面でも使える点と、
発言内容を落ち着いて考えられる点がメリットです。


多彩な機能

メッセンジャーには他にも、

・メンバーの状態(オンライン、オフライン、退席中など)が分かる
・メッセージの未読/既読が分かる
・絵文字やスタンプなど、独自の表現方法がある
・ボイスメッセージ
・グループでの通話
・ビデオチャット(パソコン同士のテレビ電話)
・ファイル送信

など、多彩な機能が盛り込まれています。


アプリ間の互換性がない

メッセンジャーには、

「同じアプリのユーザー間でしか利用できない」

という弱点があります。


これは基本的に、

・サービスを提供している企業のサーバーを利用する必要がある
・各サービスに互換性がない

という特徴によるものです。


そのため、ユーザーによっては、
複数のメッセンジャーアプリを使い分けている場合もあります。


注意点

ユーザーの状態が知られる点や、
メッセージを読んだことが知られる点は、
メリットであると同時に、デメリットになることがあります。

「一部の人には、アクセスしていることを知られたくない」

というケースや、

「メッセージを読んだのに反応がない」

「メッセージを送ったのにすぐに確認しない」

などの同調圧力によるトラブルです。

機能が便利になる反面、人間関係の機微について、
より慎重になる必要が増えてきています。


まとめ

メッセンジャーは、手軽に使えるメッセージ機能や、
チャット機能、通話、資料の共有なども可能な、
便利なコミュニケーションツールです。

今後はビジネス利用も広がっていきますので、
ぜひ使えるようになっておくことをオススメします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ