リーダーシップの本質!自発的に仕事してもらう3つの要素

この記事は2分で読めます

「上司や先輩にリーダーシップがない」

「部下や後輩に対して、リーダーシップが発揮できない」

「リーダーシップとは何か、良く分からない」

仕事をしている上で、こういった悩みをお持ちではありませんか?


それは、「リーダーシップ」に対する誤解があることが原因なのです。


「リーダーシップ」の誤解

「リーダーシップ」という言葉は有名ですが、
多くの人が、いくつかの誤解をしています。


よくある誤解の1つ目は、「リーダーシップ=マネジメント」です。

「リーダーシップ」と「マネジメント」は、全く別のスキルであり、
役職者には、両方のスキルが求められていることから来ている誤解になります。


2つ目の誤解は、「リーダーシップ=部下に命令すること」です。

部下に命令することは、上の立場にいる者としての権限ではあるのでしょうが、
「リーダーシップ」とは関係がありません。


3つ目の誤解は、「リーダーシップ=上の立場の人間に必要」というものです。

上の立場の人間に「リーダーシップ」があることは望ましいのですが、
必須というわけではありません。

反対に、下の立場の人間でも、「リーダーシップ」を発揮しても良いのです。


では、「リーダーシップ」の本質とは、どのようなものなのでしょうか?


「リーダーシップ」とは「リード(導く)」すること

「リーダーシップ」を発揮するとは、メンバーを「リード(導く)」することです。

メンバーがゴールに向かって、自発的に行動する状態に導くことが、
「リーダーシップ」を発揮した状態と言えます。

そのために、

・ゴールを示す
・そこに到達することによるメリットを示す
・個々のメンバーが力を発揮するイメージを示す

というステップが必要になります。

これを一言で「ビジョンを示す」と表現する人もいます。


例えば、仕事を進める上で、他部署の協力が必要となり、
上司に相談して、他部署へ話を通してもらおうとします。

この場合、上司に対して「リーダーシップ」を発揮しているのです。


「リーダーシップ」に必要な3要素

「リーダーシップ」を発揮するためには、3つの要素が必要になります。


1つ目は、ビジョンを理解してもらうための「伝える力」です。

理解してもらえなかったり、誤解されてしまっては、
正しいゴールに到達することはできません。


2つ目は、力を貸してもらうための「信頼ある人間関係」です。

いくらビジョンを説明しても、関わりたくないと思われてしまっては、
十分な協力は得られないでしょう。


3つ目は、認識を合わせるための「フィードバック」です。

各メンバーの協力により、現在はどのような状況になっているのか、
そして、今後はどのように進めていくのか、改めてビジョンを提示します。


まとめ

「リーダーシップ」の本質を理解すると、
立場の上下とは無関係であることが分かります。

そして、3つの要素に気をつければ、誰でも発揮できるものなのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ