ブラックな職場の人間関係!仕事への関わり方を決める4つの選択肢

この記事は2分で読めます

仕事の人間関係で、

「負担を押し付けあう」

「足を引っ張りあう」

「みんな自分の保身で精一杯」

という状況になっていませんか?


ブラックな職場や仕事環境になっていないか、確認してみましょう。


仕事を左右する職場の人間関係

テレサ・アマビールとスティーブン・クレイマーによる著書、
『マネジャーの最も大切な仕事』において、良い仕事の環境には、
3つのポイントがあると解説しています。

その内の一つが、

「人が気持ちよく働けるよう支援する」

という要素です。

これを「栄養ファクター」として紹介しています。

この反対が「毒素ファクター」であり、
「心を蝕む人間関係上の出来事」のことです。

「毒素ファクター」には4種類あり、

・尊重の欠如
・励ましの欠如
・感情無視
・敵対

が該当します。

これらの要素が確認できるようであれば、
自分の行動を決めておく必要があるでしょう。


ブラックな職場や仕事環境における4つの選択肢

もし、あなたの職場がブラックな仕事環境にあるとしたら、
取り得る選択肢は4つあることを覚えておいてください。


1.逃げる

この選択肢は、可能な限り距離を取ることです。

場合によっては、退職も考えなくてはいけません。

基本的には最後の手段であり、
あくまで切り札として取っておくものになります。

しかし、仕事を頑張るあまり、自分を追い込みすぎることは危険です。

手遅れにならないうちに、この選択肢を使うことを、
忘れないようにしましょう。


2.流される

この選択肢は、責められたり怒られたりしないように、
ひたすら言われるままに行動します。

仮に間違った行動を指示されても、
反論するのは時間と労力の無駄になるので、
とにかく従っておくのです。

無難にやり過ごすことが最優先になるので、

・仕事で成果が出にくい
・やりがいを感じられない
・トラブルが起きても隠されやすい

ということが多くなるでしょう。

皆がこの状態になると、最初は穏やかに見えても、
実は冷たく暗い職場だったということになります。


3.無視する

この選択肢は、自分が巻き込まれないように、
職場の文化、雰囲気、空気といったものを無視します。

周囲に流されない意志の強さが必要です。

人の感情にはあまり配慮せず、

・ルールは守る
・仕事の成果をきちんと出す
・嫌なことはハッキリ断る

という態度を貫きます。

皆がこの状態になると、最初は活発に見えても、
実は協調性を欠いているので、大きな成果は出にくいでしょう。


4.改善するように働きかける

この選択肢は、理想的ではありますが、最も過酷です。

改善を提案しても、誰も動いてくれない場合、
自分で動くしかありません。

問題点を洗い出し、改善案を練り、
一人一人に働きかけて、味方を増やしていきます。

しかし、その間も通常の仕事をしなくてはなりません。

とにかく時間と労力と根気が必要とされるのです。

もし、やり遂げることができれば、職場の皆から感謝され、
一目置かれる存在になっていることでしょう。


まとめ

あなたの職場がブラックな仕事環境になっていないか、
確認してみましょう。

そして、ブラックだった場合には、
取り得る選択肢が4つあることを、
ぜひ覚えておいてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一です。
詳しいプロフィールはコチラ