恋愛の秘訣は奇跡に感謝!パートナーシップを成功させる5原則

この記事は2分で読めます

「相手から大切にされない」

「相手の行動が許せない」

「相手との関係がうまくいかない」

恋愛をすると、悩みは尽きませんよね。


その多くは、パートナーシップについて学ぶことで、
解決できる可能性があります。


パートナーシップの意味

パートナーが存在する意味は、「自分が何者かを知ること」になります。

相手と一緒にいることで、自分の良い面と悪い面がはっきり見えてくるのです。

自分の良い面が引き出されると、きっと人生が輝いて見えるでしょう。

反対に、自分の悪い面が引き出されると、
苦しさのあまりに感情的になってしまうかもしれません。


パートナーは鏡のようなものと考えてください。

自分の良い面、悪い面を見せてくれるだけなのです。

それに対して、美しい幻想をみるのか、ネガティブな感情に翻弄されるのか、
自分自身で無意識に判断しているだけだったりします。


当然ですが、一緒にいることで、相手の良い面と悪い面も見えてきます。

自分と相手の良い面、悪い面を受け入れ、理解し、補い合う、
それがパートナーシップなのです。

パートナーシップを成功させる5原則というものを紹介します。


1.問題の共有

何か問題があったとき、できるだけ早いうちに話をすることが大切です。

できればその場で話し合い、どうするかの結論を出しておきましょう。

話し合いを後回しにするほど、問題は拡大しやすくなりますし、
その違和感で愛の炎は小さくなり、情熱は消えていきます。

対処は早いほど良いのです。


2.二人の100%の合意

何かを決めるときには、二人の100%の合意で決めることが大切です。

片方が反対しているのを、押し切ってはいけません。

100%の合意が得られるよう、しっかり話し合うことが必要です。


3.奇跡に感謝

お互いの存在を自分の人生での奇跡として扱い、感謝しましょう。

世界にいる70億人以上の中で、ただ一人を選べたことは奇跡です。

この奇跡を日常でも意識し、感謝することがとても重要になります。


4.自分の幸せに責任を持つ

「相手に幸せにしてもらう」という考えは捨てましょう。

幸せは自分の中にしか見つかりません。

自分で自分を幸せにしてあげるという責任を持つことが大切です。


5.お金は二人のもの

自分とパートナーの間にある愛と絆に対して、豊かさは与えられます。

お金の入り口がどちらかだったとしても、共同事業のように捉えることです。

役割を分担して生活しているのですから、区別することに意味はありません。


まとめ

パートナーへの悩みは、自分の考え方を変えると、
何も問題がないことに気づきます。

パートナーシップを成功させる5原則を理解し、
自分の考え方を見直してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





はじめまして、水神一(みなかみ はじめ)です。
詳しいプロフィールはコチラ